猫の鳴き声でわかる猫のきもち

ニュース

最近子猫ちゃんが我が家にきて、やたらミャーミャー鳴くのです。

先住猫はあまり鳴かないので気にしてなかったですが。。。

あれってなんて言ってるんでしょう??

お腹すいたよーとか、もっと遊んでよーとか鳴き方によっても色々意味が変わるんですって!

どんな時鳴くのか、猫の鳴き声によってどんな意味があるのかを今回はご紹介します!

スポンサーリンク

なんで猫は鳴くのか

実は、猫同士では鳴き声はあまり使われません。子猫は少し別ですが、基本的に猫の鳴き声は猫が人間へ何かを伝える為に鳴いています。

猫同士のコミュニケーションでは、鳴き声ではなくしぐさや姿勢・しっぽの動きやにおい等で意思疎通をはかっています。

猫が鳴く時には

  • 甘えている
  • 何か要求を伝える
  • 恐怖を感じている
  • 威嚇

と状況や場面によって鳴き方も変わります。

あとは、よく鳴く猫とあまり鳴かない猫とは個性がでるようです。

比較的オス猫の方がよく鳴くとされていて、あまり鳴かない猫の方が自立しているとされています。

猫の鳴き声と猫のきもち

ニャーン・ニャオ

子猫が甘える時によく出す鳴き声。

エサが欲しい時や、かまって欲しい時によくこの鳴き声を出します。

基本的には信頼できる相手に向けて鳴きます。

ニャーーン

通常の『ニャーン』よりも長く強めの鳴き声の時は、何かを訴えている可能性があります。

何か要求が通らず不満を感じている時や、不機嫌な場合が多いようです。

ンンー・フーッ・シャーー

基本的にこの場合は威嚇しています。

あまり家族にむかってすることは無いと思いますが、見知らぬ猫や人間など警戒している場合に鳴きます。

この場合は近寄ると攻撃される場合があるので要注意です。

ゴロゴロ

これは安心している時やリラックスしている時に鳴ります。信頼しきっている友好的な鳴き声で、元々は親子のコミュニケーションの手段でした。

これは音もそんなに大きくはなく、猫を飼っている人しか聞いたことがないかもしれませんね?!とても癒し効果のある鳴き声です。

ケケケッ・カカカッ

これはクラッキングと言います。

獲物を狙っている時や、なかなか獲物が捕まえられない時にこういった鳴き声になります。

お家の猫は獲物を狩る事もないですが、おもちゃを狙っている時などに鳴き声が出ることがあります。

サイレントニャー

通常のよくある『ニャー』と鳴いているのに声が出ていない時の事です。

この現象を『サイレントニャー』と言います。

これは声が出ていないのではなく、人間では聞き取れない周波数で鳴いているのです。信頼していて甘えられる存在に向けて行われます。

いつもと違う鳴き声・聞いたことのない鳴き声

普段と違う鳴き声の場合には、ストレスや病気の可能性があります。

鳴き声と合わせて様子を見てあげる事が大事です。

人間に痛みや不安を訴えている場合があるので要注意です!


猫の鳴き声によって色々な意味がありますね。

我が家に来た子猫、オスなんです。
生後1カ月過ぎには我が家に来たので余計ニャーニャー鳴くのかもしれないです!

鳴き声によって色々な感情がわかるのはもちろんですが、合わせて表情や動きもチェックしていきたいと思います。

猫って表情が無いって言われたりするけど、結構顔に出ている事ありますよ。笑

今日も人間語と猫語でおしゃべりしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました