なんで猫の目の色って種類が違うの?

ニュース

コロコロと変わる猫の目ってとても魅力的ですよね。

明るさによって、黒目の部分が大きくなったり小さくなったり。

しかも猫の目って色も種類がさまざま。

皆さんが思い浮かぶのは何色ですか?

どのくらい種類があるか知っていますか?

どうして猫によって色が違うのか、どんな種類があるのかご紹介します!

スポンサーリンク

なんで目の色が違うのか

メラニン色素の量によって目の色に違いが現れます。

太陽光の強い暑い国では、メラニン色素が多くなるので目の色は濃い色になります。
銅色といわれている『カッパー』などですね。

逆に、太陽光の弱い寒い国ではメラニン色素が少なくなり、目の色は薄くなります。
色がつかないのでブルーやグリーンのような色です。

あとは、親猫からの遺伝でほぼ決まります。

代表的な目の色4種類

グリーン

他の猫よりもメラニン色素が薄く目の色がグリーンです。

太陽光の弱い寒い国に多く、洋猫に多い目です。

代表的な猫だと、ロシアンブルーはグリーンの目の子が多いですね。

ヘーゼル

グリーンとヘーゼルを掛け合わせたような色です。内側にかけてヘーゼルナッツのような色になっているのが特徴です。

グリーンよりも少しメラニン色素が多いです。

ヨーロッパにこの目をした猫が多くいます。

アンバー

琥珀色ともいわれていますが、強い黄色の単色の目です。

ヘーゼルよりもにメラニン色素が多くなっています。ヘーゼルは何色か色がまざっていますが、アンバーは単色というのが特徴です。

温暖な気候の日本の猫に多い色です。

カッパー

銅色という意味で、メラニン色素が1番多い目の色です。

茶色や赤っぽく見えたりする事もあります。光の加減かもしれません。

たくさん太陽光をあびている地域に多く、日本猫にも多い色です。

特殊な目の色2種

ブルー

グリーンとブルーの目の色は同じく、ほとんどメラニン色素がないとされています。

「レイリー散乱」と言う現象によって作り出されています。

その中でもブルーは希少で、遺伝的に白猫に多いです。

オッドアイ

左右で目の色が違く片方がブルーな事が多いです。目がブルー側の聴覚に異常が起こりやすいと言われています。

正式名称は『虹彩異色症』といい日本では『金目銀目』などともいわれています。

左右で色の違う神秘的な見た目から縁起がよいとされてきました。

子猫の時はみな同じ『キトンブルー』

色々な目の色の猫がいましたが、生後6週間くらいまではメラニンが作られないので、ほとんどの猫も青い目になります。

これを『キトンブルー』といいます。

生後2か月を過ぎたあたりから本来の目の色に徐々に変わっていきます。

子猫から育てると小さいころと大きくなってからの目の色が変わるので、いっぱい写真をとったりじっくり観察する事をおすすめします!


どの目の色も見たことがありましたか?

今回紹介した以外にも、色々な猫のかけあわせで他の色がまじった猫はまた別名で呼ばれるようです。

でも色々な目の色の違いはメラニン色素の量の違いだっったんです!

人間と一緒ですね。

日本では、人も猫も一緒で温暖な気候の元メラニン色素が多いので、目の色は濃い目なんですね。

私は、まだ本物のオッドアイの猫には出会ったことがないので、是非1度縁起のよい本物に会ってみたいなと思っています!

タイトルとURLをコピーしました